自分を褒める効果 Twitterで検証してみたい

1月から週5日フルタイムの仕事を始め、最近毎日はボイジャーを引けないのですが、
夜寝る前に時間があれば引いて自己リーディングをしています。
知り合いも言ってましたが、正直他人のことより自分のことって、主観が入って難しいです。
無意識に都合よく解釈したり、或いは全然読めなかったり…😓

え、何でこんなん引くわけー?

などと納得できないときもあります。多分それは自分へのメッセージだと受け入れたくないのかも。。。
以前友人に引いてもらったカードのメッセージをそのまま伝えたら、本人はピンと来ていない感じでしたが、
私はその人に対してとても思い当たるふしがありました。
なので自分では自覚していないことがわりと多いかもしれません。

引いたその時は何のことだか分からないことでも、後々分かってくるかもしれません。”そのメッセージは必要だった”と。

 

それでは本題に入りますね。

「自分を褒めましょう」

成就(9 of Cups)努力を重ねた人が引くカードらしいです。ワインたくさん描かれてます「ルネッサーンス!」(笑)

こんなメッセージのカードがよく出てきて困惑しています😆
「自分を褒める」って、よく分からないからです。まず、私は親に褒められた記憶がありません。
他人様(例えば学校の先生など)からは図工の絵やペン習字(言い回し古いですか?)を上手だと褒められたことはあります。
最近では誰かにお褒めの言葉をいただくというよりは、感謝されることが多いと思います。
こちらも気づいたら都度伝えるようにしているつもりです。
「すごいですね」「素敵ですね」「素晴らしいですね」という言葉は時々使いますが、
まれに自分に対して投げかけられると素直に受け取れないのです。謙遜するというよりも違和感があり心地悪いのです。

正直、褒められたらどう返していいか迷うのです

そのくせ、承認欲求が強いのですぐオーバーワークしそうになります。
見下され、見放されるのが怖くて必死でしがみついてしまい、(やめると決めたのに)
認められたいのに褒められ下手という矛盾😝

まー、そんな訳で「自分を褒める」ってどうすればいいか分からなくて、ネット検索しました。
基本的に日本人のほとんどは日常自分で自分を褒めることはしないと思います。
それは何となく分かっていました。「自分ほめ」の本も色々出てますし。
悩む(迷う)人、多いみたいですね。

毎日自分を褒める

「自分を褒める」をキーワードで検索したいくつかのサイトによると、
小さなことでいいので、自分を褒め続けていくうちに自分が自信を持てるようになるとのこと。
やはり、自分に自信がない人に出るカードをよく引く私。

そこで一丁、自分を褒め続けることによる効果を検証してみようと思い、
今までほとんど使っていないTwitterを利用することにしました。

令和元年五月一日、スタート予定🤗
期間はまず、一週間です。

広告