終活カウンセラーに最も大切な要素

傾聴と、共にいるというあり方

終活カウンセラーや写真整理アドバイザーなどに最も必要な要素とは、間違いなく話を聴くことです。

話を「聞く」ではなく、「聴く」ことです。

傾聴とは、ただ耳を傾けて聴くことではありません。

心が寄り添うことが重要です。

そしてお相手の緊張を和らげ、お話をしたい、私に聴いてもらいたいと

思っていただけるように働きかけます。

人は鏡のようです。

相手の気持ちが楽になったり、癒されたり、すっきりすると
私も同じように楽になったり、癒されたり、すっきりします。

I’m always with you.
You’re not alone.

いつもそばにいます。
あなたはひとりではありません。

これが、「Be with=共にいる」というあり方です。

【広告】

自分は今まで人の話を聴けていたか?

聴き方講座の最後で問われたとき、”Yes”とは言えませんでした。

聴くことは出来ているようで出来ていないものなのです。

自分は「聴けている」と思う人ほど、残念ながら人の話を聴いていないとも言われています。

私は今まで「聴いたつもりになっている」ことがたくさんありました。

聴くことは結構難しいし、深いです。

それができるようになれば、仕事だけでなく日常生活でも活用できます。

 

私は大学生の息子と娘との間で、少しずつ心がけています。

例えるなら、ふわふわクッションになったつもりで接しています。

まだまだしょっちゅう、トゲトゲやチクチクが出てきますが(笑)

勉強をしたことを振り返り、実践することで見に付いていくはずです。

インプットしたら必ずアウトプットして、「学びの棚卸し」は必要です。

 

広告